禁煙の記録 必ず成功する禁煙のコツ②【まずは禁煙パイポから】

前回のエントリーはコチラ↓

禁煙の記録 必ず成功する禁煙のコツ①
ふと、ある日突然禁煙をしてみようと思った。 今までも禁煙をしてみようと思ったことはあるが、実行に移したことはほとんどなかった。おそらく他の多くの喫煙者が同じように思っているように「やめようと思えばいつでもやめられるから、とりあえず今は...

「安く禁煙をしよう」と考えた時、まず思いついたのが禁煙パイポだ。

まずは禁煙パイポで禁煙生活スタート!

真っ先に禁煙パイポが思い浮かぶ理由は、昔見たこのCMの影響だろう。

マルマン 禁煙用パイポ CF(30秒Ver.)

「私はこれで〜」というCMだ。

発売元のマルマンはこのユーモアなCMを通してブランディングに成功していると思う。サラリーマンあるあるを利用したインパクトのある内容とCMの最後に流れる商品名のキャッチーなメロディー。TVCMの見本だと思う。

ちなみに「安く禁煙をするのなら、まずは何にも頼らず禁煙にチャレンジするのが筋だろう」と思う人もいると思うけれど、僕も心からその意見に同意する。

でも、何にも頼らずに禁煙を成功させる自信は1ミリもなかった。

早速禁煙パイポ購入!

というわけで最後のタバコがなくなったタイミングで、早速近所のセブンイレブンに禁煙パイポを買いに行った。

僕のような準ヘビースモーカー(喫煙歴20年以上、1日15本程度喫煙)だとタバコを1本も持っていない状態はとても不安になる。

この不安感は以前親不知の抜歯手術をした時の痛み止めが切れる感覚に似ているし、心許ない量のガソリンでスタンドがない山道を走っている時の感覚にも似ている。

なんだかそわそわしてしまうのだ。

でも、禁煙をするためには必ず乗り越えなければならないハードルだ。

セブンイレブンで購入したのは、このリラックスパイポ。

3本入りで280円だった。

【商品説明】

「リラックスパイポ」は、リラックスしたいときのための機能性パイプです。さわやかなグレープフルーツ・レモンハッカ油などが添加されています。通勤ラッシュ、渋滞のイライラ、会議中などにおすすめです。清涼感が感じられなくなったら取り替え時です。

出典:ケンコーコム

とりあえず吸ってみるとパッケージに書いてある通りほのかなグレープフルーツ味がした。口の寂しさは紛らわされるが、煙を吸っている充足感は到底得られない。

問題は3本入りで280円という値段。1本の消費時間がタバコと同じ程度だったら、明らかにタバコよりも割高だ。

そうなると、「できるだけお金はかけない」という僕の禁煙方針に反してしまう。

3日間使ってみた感想

まずは3日間使ってみたので、リラックスパイポの現時点でのメリットとデメリットをまとめてみたい。

メリット デメリット
どこでも吸える。電車内でも病院内でも吸おうと思えば吸える。子供が一緒にいても全く問題なし。

口寂しさを解消するならタバコよりもむしろ良い!

刺激が足りない。清涼感と表裏一体の部分なのだが、やはり煙を吸っているほどのガツンとくる刺激はない。

そのため、ミンティアやガムで刺激をプラスしている。

清涼感がある。 ニコチンが欲しいという欲求は満たされない。
思ったよりも清涼感が持続する。タバコと同じくらいの時間吸うのであれば、1日1本で余裕。場合によっては2日も可能。

これであれば3本で280円はタバコよりも断然コスパが高い。

3日間リラックスパイポを使ってみた感想は、上々だ。

煙も出ないし、ニコチンも摂取できないという物足りなさは当然あるのだけれど、それでも「どこでも吸える」という点と「コスパの高さ」は大満足だ。

ちなみに、リラックスパイポをある程度の量書いたい場合は、コンビニで購入するよりもAmazonの方が圧倒的にお買い得だ。

1箱だけ買った場合は245円で2000円以上購入しないと送料無料にはならないけれど、『マルマン リラックス パイポ グレープフルーツ 10P』を購入すれば、10箱で2,321円で送料も無料だ。

コンビニで購入するよりも、1箱あたり48円お得だ。

4日目に禁煙失敗!

リラックスパイポはとても気に入っていたのだけれど、残念ながら禁煙4日目に僕は恥ずかしながらタバコを吸ってしまった。

仕事からの帰宅後、子供を寝かしつけている最中に仕事上でのトラブルの連絡が入り、急遽それを処理しなければいけなくなった。もともとオンライン英会話のレッスンの予定も入れてあった日だったので、子供の寝かしつけ→英会話→トラブル対応という流れで処理していく必要があった。

こうやって書いてみると、やらなければいけないことの1つ1つはたいしたことでは全然ないのだけれど、その時の僕は大きなストレスを感じてしまい、英会話レッスンの前に近所のコンビニでタバコを買ってしまった…。

 

禁煙開始4日目で早くも失敗というなんとも情けない状態だが、翌日タバコはもう捨てたので、再び禁煙を再開しようと思う。

とりあえずあと1回失敗するまではリラックスパイポだけでなんとか頑張ってみようと思う。

禁煙リトライ中(2017年8月5日追記)

一度禁煙に失敗してから現在リトライ中だ。

正直結構辛い。あまりに辛いので、実際僕がどんな時に辛いか、そしてそれをどう乗り越えているかを書いて気分転換したいと思う。

辛い時 対応策
朝起きた時 今までは朝起きた瞬間から猛烈にタバコを吸いたい気持ちに襲われていた。でも、そこはちょっとだけ我慢して朝食を摂ってからタバコを吸っていた。今も相変わらず朝起きて猛烈にタバコを吸いたくなるので、とりあえずリラックスパイポをくわえている。
食後 食後が一番吸いたくなる。吸いたくて吸いたくてたまらないので、食事中からリラックスパイポをくわえている。今までは食後のタバコも含めて食事だったので、最後のタバコがないとまだ物足りない感が半端ない。
コーヒーを飲む時 コーヒーとタバコは切っても切り離せない間柄だ。その関係はまるで野球におけるグローブとバットのようで、タバコなしでコーヒーを飲めというのは、バットだけで野球をしろと言われているのと同じことだ。というわけで、最近コーヒーを飲むことは控えている。
酒を飲む時 コーヒーと同じように酒も飲むと必ずタバコが欲しくなるものの1つだ。本来は酒も断ったほうが楽なのだろうけれど、猛暑の最中のビールはどうしても外せないので、リラックスパイポをくわえながら酒を飲んでいる。

この辛い現状をサポートしてくれるのは、『禁煙セラピー』だ。

多くの人がこの本を読んで禁煙に成功したとのことだったので、僕も読んでみた。僕の場合、まだ禁煙に成功していないのでこの本の効果について話すことはできないけれど、「なるほどなー」と感じる部分は多かった。

もし禁煙に成功したら、この本のおかげだと言っても過言ではないだろう。

本の内容も書きたいけれど、この本はネタバレにしてしまうと、禁煙効果が薄くなってしまうようなきがするので内容については一切触れないでおく。

コメント