禁煙の記録 必ず成功する禁煙のコツ④【1ヶ月禁煙して、ダイエットと禁煙が失敗するたった1つの理由に気づいてしまった】

前回のエントリーはコチラ↓

禁煙の記録 必ず成功する禁煙のコツ③【禁煙のお守りにニコレットを買ってみた】
前回のエントリーはコチラ↓ 一度は失敗した禁煙だが、リトライしてからはタバコを吸うこともなく、うまくいっている。 ただちょっと心配なのは、僕は今3週間の育児休暇中で基本的には仕事のストレスからは解放されている。だから仕事...

禁煙を開始してめでたく1ヶ月が経過したので、現状のことについて書いておこうと思う。

前回のエントリーは3週間の育児休暇中に書いたので、仕事のストレスからは解放されてきている時期だった。

休み明けに、仕事を再開してからも禁煙を続けられるかとても心配していたのだけれど、なんとか継続できている。

 

禁煙1ヶ月目の現状

禁煙1ヶ月目の現状は大体こんなところだ。

簡単にまとめると、タバコを吸いたい気持ちはまだあるけれど、だんだん薄くはなってきている感じだ。

タバコを吸いたい気持ちはまだある

というか、結構ある。

特に食後と会議の前後はやばい

食後のタバコまで含めて食事」という生活を20年くらい続けていたので、食後にタバコを吸わない生活というのにはまだ慣れない。

全然慣れない。

ここはもうリラックスパイポに頼ってなんとかやり過ごしている。

会議の前後もタバコを吸いたくなるタイミングだ。

これにはおそらく会議のストレスが関係しているのだろう。

これを乗り越えるために、僕はリラックスパイポを咥えて喫煙所に行くことにしている。

会議の前後には僕の同僚がたくさん喫煙所にたむろしている。

僕はそこでタバコの副流煙を嗅ぎながらリラックスパイポを吸う

「え?それって禁煙って言えるの?反則じゃないの?」という人もいるかもしれないけれど、僕的にはこれはセーフだ。

余裕でセーフだ。

それでも吸いたい気持ちは薄らいできている

1ヶ月も経つと身体からだいぶニコチンが抜けてくるのか、禁煙開始当初よりはだいぶ辛さが減ってくる。

猛烈に吸いたい瞬間は1日に何回かあるにはあるのだけれど、そこさえグッと堪えて我慢すれば、なんとかやり過ごすことができる。

ちなみに、前回のエントリーで書いた『ニコレット』はまだ使っていない。

タバコを吸いたくなったら、とりあえずニコレットを噛んで我慢できるという切り札が残っている分、心にはまだだいぶ余裕がある。

お守りとして買ったニコレットは十分その役目を果たしている。

1ヶ月禁煙してわかった!ダイエットと禁煙が失敗するたった1つの理由

禁煙を始めてから1年後も継続している確率は7%らしい(出典:禁煙.net

今のところ僕は禁煙に成功しているけれど、統計的にはこの先再びタバコを吸ってしまう可能性のほうが圧倒的に高い。

禁煙と並んで「自制心によって何かを我慢し、身体に良いことをする」ことに、ダイエットがある

なんのテレビ番組だったか忘れたけれど、そこで見た限りでは、ダイエットの成功率は10%程度だったと思う。

ダイエットの成功率も禁煙と同じくらい低い。

禁煙もダイエットも成功させたいと思う人は多くいても、継続するのはなかなか難しいのが現状だ。

今回禁煙をしてみて、禁煙やダイエットがなぜ失敗するのかわかったことがあるので書いておきたいと思う。

ちなみにこの失敗の中に3日坊主は含まない。

禁煙でもダイエットでも同じだけれど、3日坊主で終わるようなものは始まってもいないからだ。

ここで書きたいのは、ある程度続いた禁煙やダイエットがなぜ失敗するかについてだ。

禁煙やダイエットが失敗するたった1つの理由。

それは、成功体験だ。

皮肉なことに、成功体験があるから、禁煙やダイエットは失敗してしまうのだ。

ある程度うまくいくと、誘惑に負けて「一度できたんだし、ここで止めてもまた始めればいいか」と思ってしまう。

それが、せっかくうまくいっていた禁煙やダイエットが失敗する理由だ。

僕もちょうどこの禁煙1ヶ月目で同じ気持ちになった。

会議後の喫煙所。

タバコを吸う同僚。

リラックスパイポを咥える僕。

結構ストレスのかかる会議だったので、僕はタバコが吸いたくてたまらず、うまそうに煙をくゆらせる同僚を羨ましく思っていた。

その時、同僚が僕に言った。

「よく続くよねぇ、禁煙」

その言葉を聞いて、僕は得意気になった。

そして、こう思った。

そうだ。僕は頑張っている。20年間続けたタバコを止めてもう1ヶ月になる。これだけ頑張れたんだから、ここでもう1回タバコを吸ってしまったとしても、もう1回簡単に禁煙できる

その後「なるほど。これが禁煙やダイエットが失敗する理由か」と気づいた。

一度成功すると、またいつでもできる気になってしまうのが、禁煙やダイエットなのだ。

 

普通『成功体験』というのは良い意味で使われることが多い。

仕事でもスポーツでも成功体験を積み重ねていくことはとても大切だ。

成功体験を得ることで、モチベーションも上がる。

成功の理由をきちんと分析すれば、その再現に繋がる。

でも、禁煙やダイエットのような禁欲系の行動は成功体験が、逆に成功の邪魔をしてしまうのだ。

コメント